« チクチク、ズキズキからのポツポツ | トップページ | 30倍! »

2017年8月10日 (木)

神様から新たな着想をいただく。信じて祈り求めるものなら、何でも与えられます。感謝です。

ホープ再生自転車販売も、既に993台になり、初めての1000台達成に、秒読みとなっています。明日から、休暇に入り、8月16日から事業再開なので、17日頃には、大台達成が見込まれます。
私は、最近、次の展開を考え続けていました。
今の自転車再生の伸びしろを最大限に拡げ、チャレンジしていくことは当然必要なのですが、その他の仕事、つまり、自転車修理やたい焼きたこ焼き店の仕事には向いていない方の仕事を、考えてきたわけです。
それを、求めて祈ってきました。啓示を与えていただくように。

自転車事業も、たい焼きたこ焼き店以外の仕事がないかを求め、祈っている時、神様から着想をいただきました。
そして今回も、祈りを継続している中で、突如与えられました。
それは、概念であって、しかも、具体的なものでした。
つまり、今までは、中古の自転車を集め、磨き修理し、再生自転車として販売してきました。
不必要なパーツは、廃棄処分していました。

神様から、いただいた着想
しかし、パーツも、再生可能ではないか。
例えば、チェーンやリムやスポークあるいはギア等も、それを再生させ、グッツに転換できるのではないか。
実は、自転車パーツそのものが、精密で完成された作品であり、とても完成度の高い、デザイン性に優れたものである。
ちょっとした工夫で、おしゃれな商品作りができそうなのである。
調べてみると、パーツを利用した、かなりクオリティーの高いアクセサリーや日用品があることも分った。
つまり、今までは、本体だけの再生に特化してきたが、パーツの再生商品を第2弾として、目指そうと着想した。

つまり、総合的再生自転車事業の展開である。
それが、本当の再生自転車ではないか。
私達の目のまえ、足元に、大きな宝があるのが分かった。
つまり、いくらでもパーツはあるのだ。それも、再活用する。自転車も喜んでくれると思う。
それが、考え方、概念である。
発想を与えていただき、神様感謝します。

スタッフは、この話で、盛り上がっている。目標ができた。
これからが、いろいろと大変なのはわかっている。
しかし、自転車再生事業も、着想が神から与えられ、ないないづくしの中ノウハウも、人材もいないから始まった。そして、大成功する。
信じて、粘り強くやっていこうと思う。

ちょうど、マタイ2122を今朝、読む。
あなたがたが、信じて祈り求めるものなら、何でも与えられます。

もし良かったら、一日一回、感謝です。

にほんブログ村

« チクチク、ズキズキからのポツポツ | トップページ | 30倍! »